催眠療法を大阪で受ける ヒプノセラピー、インナーチャイルド、あがり症改善、緊張改善

潜在意識のNOサインを知る

潜在意識のNOサインを知る

潜在意識というのは、単に自分の意識の奥深くというものではなく、しっかりと意図や意見を持った意識です。

だから、潜在意識の意見を聞くということも可能です。

そして、それはなかなか面白い体験です。

そのための、便利ツールが↓これです。

画像の説明

振り子。

かっこよく言うと、ペンデュラム(笑)

潜在意識は身体の感覚を司っているので、身体の微妙な反応を感じられると、潜在意識がYESサインを出しているのか、NOサインを出しているのかを感じる事ができます。

たとえば、今から勉強をしようと、机に向かったとします。

その時、みぞおちの辺りに拒否する感覚、わだかまる感覚があったり、全身の力が弱まる感覚があったら、それは勉強を拒否しています。

逆に机に向かっていくような積極的な体感覚があれば、それは潜在意識のOKサインです。

でも、なかなか馴れない人には解りにくいので、潜在意識の反応を増幅するツールがペンデュラムです。

最初に、潜在意識にルールを伝えます。

  • YESは縦揺れ。
  • NOは横揺れ。
  • わからないは回転。

それを伝えてから、私は佐原です。とか私は男です。と当たり前のことを言ってみて、反応が正しく出るかをチェックします。

今度は逆に間違った事を言ってみます。

私は女です。私はパン屋さんです。

しっかりと横揺れでNOのサインを出してくれます。

これで準備完了です。

そして、ここからが本番です。

事前に用意した目標リストを取り出してこう言います。

「これが私たちの目標リストです。あなたの協力を得られるかどうか教えてください。」

そして、1つ1つ目標を指さしながら、「これは達成できますか?」と聞いていきます。

私がやった場合、大半の目標に対してはOKをもらえましたが、2つの重要な目標がNOでした。

そこで凹むことはありません。

「何がいやなのですか?」と聞いて、思い当たることを言ってみたり、目標を細かく細分化して「これなら行動できますか?」と聞くとOKがもらえます。

この一連のやりとりの中で、しっかり潜在意識の意見も尊重していると示すことができるので、より協力してくれるようになります。

そして、自分を止めているメンタルブロックにも気づき、それを超える方法に対しても潜在意識の同意がもらえます。

すると潜在意識との一体感が増し、目標にスムーズに進んでいくことができるようになります。

馴れれば、ペンデュラムを使わなくても身体の感覚でわかりますが、最初は使ってみると面白いでしょう。

私はこの方法で、目標の達成力が著しく上がりました。

やりたいけど、できないということが無くなったのです。

お勧めします。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional