催眠療法を大阪で受ける ヒプノセラピー、インナーチャイルド、あがり症改善、緊張改善

潜在意識が味方に付いたらどうなるか

潜在意識が味方に付いたらどうなるか

潜在意識が味方になっている協力モードと、そうでない非協力モードの2種類があることは、以前お伝えしました。

では、協力モードになったら何が違うのでしょうか?

今日はその特徴を挙げてみました。まずは、

[check] 心身共にエネルギーがみなぎる。

これがとても大きいです。

眠りの深さを決めるのも潜在意識なので、潜在意識と仲良い状態だと、朝目覚めた時のパワーの充電のされ方が凄いのです。

心身共にスッキリとして、パワーがみなぎる感じです。

私は初めてこれを体験した34才の時、「ああ、そういえば子供の頃って、こんな風な感覚だったな~。」と思いました。次に、

[check] 自信が出てくる。

自信というのは、自分を信じている状態ですが、以前の私はそれがなかなかできませんでした。

でも、潜在意識が協力してくれるようになると、自分の内側で働いてくれるパワーが凄いので、それに対して信頼することができるようになりました。

ですから、自分を信じるというより、自分の強大な味方である潜在意識を信じているという感覚の方が近いかもしれません。

何か大きな課題を言い渡されても、自分では難しいけど、私の潜在意識ならやり遂げるだろうな~と思えるのです。

この感覚がとても楽なのです。強力なサポーターが常に身体の中にいる感覚です。

[check] 決めたことが何でも上手くいくようになる。

前日に、明日はこういうスケジュールで動こう!と思っても、翌日になったら「やっぱりめんどくさい。」なんてことがありませんか?

潜在意識が協力してくれている状態だと、そういう事がなくなります。

決めたことが、なんでもスムーズに行くのです。

予定通りの時間になれば、自然にその気になって仕事に取りかかろうとしたり、

自然に足がその場へ動き、頭がそのことを考え始めたりします。

それが潜在意識が協力してくれている証拠です。

逆だと大変です。

勉強しないといけないから、無理矢理机の前に座るけど、全然そっちに集中できない。

こういう経験は誰しもおありだと思います。これは意識と潜在意識が別の方向を向いている状態です。

[check] 自分に対しても人に対しても愛が溢れてくる。

潜在意識の協力を得るためには、潜在意識を愛情でいっぱいに満たすのがポイントです。

なので、潜在意識が上手く働いてくれている状態というのは、もう体中が愛でいっぱいの状態です。

そして、その状態だと決めたことがなんでも上手く行くので、余計に自分が好きになり、さらに褒めたくなります。

そうすると人に対しても優しくなったり、素直に愛情を与えることができるようになります。

自分も人も愛おしくて仕方がない状態です。

人を愛せるかどうかは、性格の問題だと思われがちですが、(もちろんそれもありますが、)実は自分の中を如何に愛のエネルギーで充電できているかの問題だったりします。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional