催眠療法を大阪で受ける ヒプノセラピー、インナーチャイルド、あがり症改善、緊張改善

インナーチャイルドを癒す

インナーチャイルドを癒す

先日の話。

心理療法家仲間と催眠療法の練習をしました。

何度もお互いに催眠のかけ合いをするわけです。

それはそれでとても有意義な時間だったのですが、その後、家で夕食をとっていると、僕の腹の底が、なんだかとても怒っていることに気付きました。

子供の言動にいちいち腹が反応して、ムカッと来るのです。

妻からも、「なんか怒ってるよね。顔が怖い。」と言われます。

自分でも自覚できるくらい、本当に理由も無く腹が立ちます。


私はどうやら、催眠で心の底のパンドラの箱を開けてしまったみたいなのです。

古くから無意識の底に押し込めていた怒りが、解放されたのでしょう。

もう、気持ち良いくらいにはっきりと、腹が立つのです(^^;)

でも、これは自分の無意識を浄化するチャンスです。

過去の怒りを溜め込んでいた、インナーチャイルドを癒すチャンスです。

だから、そういう意味ではとても嬉しいし、有り難いものなのです。

催眠には、やはり大きな可能性があると、実感できた出来事でした。


そしてその日の夜、子供が眠ってから、じっくりと腰を据えてその感情とワークしました。

感情感覚に寄り添いながら、その感覚(インナーチャイルド)が持つ意図や声を聞いていくのです。

すると、そこで出てきた内容が、とても面白かったのでシェアしますね。

まず、怒りの矛先は「世の中」というか「社会」に向かっていました。

「ふざけるな! ふざけるな! 俺をコントロールするな!」と、わめき立てる声の奥底に耳を澄ませると、

「俺はゆっくりと静かにしていたいのに、世間は勝手に1日を進めてしまう。だから自分もそれに合わせなければいけない。ちくしょ~。」という感じです。

要するに、

「もっと眠っていたい。」ということらしいのです。

子供か!

と、突っ込みたくなりますが、実際に子供(インナーチャイルド)なのです。

子供の頃の思いなのです。

小学校の頃、寒い朝、まだ布団から出たくないのに、出ないといけない。

自分が行くと決めた訳じゃないのに、学校に行かないといけない。

世の中が勝手なスピードで進んでいくから、自分もそれに合わせないといけない。

そんなやりきれない思いを、小さな頃の私は、漠然と社会に向けて恨みとしてしたため続けてきたようです。

自分でも自覚できないくらいにわずかな恨みを毎日毎日、腹の底に溜めてきたのでしょう。

フタが開いた私のお腹の底は、荒れ狂っていました。

そして、面白いと感じたのが、この感覚が今の自分のパターンや選択を生み出しているという点です。

例えば、私の中に昔からある、待ち合わせに5分遅れてしまうというパターン。

それは、5分遅れることで、「社会のいいなりにならないぞ~!」と、小さく恨みを晴らしていたようです。

いわば復讐です。

ああ、すみません、本当に子供ですね(^^;)

そして、朝、起きられるのに、ぱっと起きないパターン。

これにも深い意図があったようです。

朝、なかなか起きないことによって無意識は、「自分は誰の言いなりにもならないぞ! 自分をコントロールできるのは自分だけだぞ! 」ということを証明していたようです。

無意識のやることって、戦略が子供っぽいんです。

( 私 自 身 は 大 人 っ ぽ い の に な ぁ 。 )←重要

さらに、会社勤めではなく、フリーで生きていくという僕の仕事観。

それもこの恨みが根っこにあり、社会のペースではなく、自分のペースで人生を創るという意図が土台になっていたようです。

人生の土台になる意図が「恨み」というのは、危ないですよね。

その夜は、いろんな心理療法を使って、インナーチャイルドの怒りを癒して、社会のせいにしていたものを、自分の責任としてつなぎ直して行く作業を続けました。

内臓全体をしびれさせるくらいに大きなエネルギーになっていたのだけど、丁寧に癒していくことで、自分の感じ方や反応パターンが変わってくるのがわかりました。

「社会のせいで!」という世の中に対する恨みが、仕事の流れを止めていることにも気付きました。

それにしても、自分が世の中を恨んでいるなんて、全く思っていませんでした。

こういうことが起きる度に思うのですが、無意識というのは、本当に意識できないから無意識なんですね。

そして、このタイミングでそれに気づけたのにも意味があります。

私自身、仕事上のステージをこれまでよりもう一段上げて、世の中に対する貢献度を深めようと意図していました。

この意図が生み出した流れによって、今回の出来事が生まれました。

無意識の一部で社会を恨みながら、表面上の意識では社会貢献をしようと思っているわけですから、最初から破綻しています。

だから必然的にそれを癒すように、気づきのある出来事が起こるわけです。

人生は、ほんと良くできています。

そして、これもまず最初に意図ありきです。

意図すると、その意図を実現する筋道と同時に、「あなたの心のこの部分を変える必要がありますよ~。」という「お試し」も同時に生まれます。

それは問題として現れたり、敵の出現だったり、葛藤だったり、

時には病気として現れることもあります。

それを外側の現実問題として解決するだけではなく、心の内側の信念や感情感覚を解消する方向に使うと、

意識のステージが変わり、それに伴って現実のステージも変わって行きます。

目標を決めて流れを作って、心の抵抗を発見! そして無意識のインナーチャイルドを癒して、抵抗感を消去!

そのように、自分自身を変えていくと、人生の流れがとても早く、スムーズになります。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional